臨床教育学研究科について

複合的な視点からの研究が可能に!

一人一人の問題意識を3領域の教員が総合的に指導します。

大きな社会変化に伴い、子どもを取り巻く環境は急速に変容しています。子どもの育ちをサポートする大人たちも、その変化に対応すべく、教育や支援のあり方を模索してきました。
その過程で、不登校児に対する教育・支援にしても、教師や学校だけで、あるいは教育学という観点のみから児童・生徒らの状況を理解し、対策をたてることは難しく、多様な職種(カウンセラー、ソーシャルワーカー、医療機関、行政等)と学問領域(心理学、福祉学、精神医学等)からの複合的な取り組みの必要性が分かってきました。

このような取り組みは、今日では当たり前になっていますが、“臨床教育学研究科”では1994年より、教育学・心理学・福祉学からなる学際的・複合的なアプローチを先駆的に採用しました。
さらに、“臨床”の場で子どもを支援する様々な専門職が集まり、経験を活かしながら多角的に事例を検討し、理解し合うことを目指して、働きながら学べる夜間制大学院としたのです。その後、社会人学生からの様々な要望を受け、学校のみならず福祉や医療の現場で活動されている“対人援助職”の方々にも対応できるようカリキュラムの改善に努め、今日に至っています。よって、本研究科で学ぶ社会人は、学校関係者の他、心理職や福祉職、看護職、さらには司法関係者にも広がっており、専門職間での議論や学び合いが修了生の満足につながっています。

四半世紀に及ぶ歴史をもつ臨床教育学研究科では、459名の修士課程修了者を輩出し、博士号取得者は68名を数えます(2018年度末時点)。
今後とも、学際的な観点から、“対人援助職”の皆さんが抱える課題をともに考え、専門領域を超えて学び合う環境を整えるとともに、最新の学術的成果を取り入れながら、社会のニーズに応える教育を進めてまいります。

皆さまとともに学び合えますことを、研究科教員一同、楽しみにしております。

武庫川女子大学大学院臨床教育学研究科
研究科長
安東 由則

大学院に在籍する人が関心を持つ課題を従来の領域別ではなく、3分野の教員が総合的に指導します。
3分野の複合的な視点から興味関心を考え研究する能力が身に付きます。

ミッションステートメント

ミッションステートメント

今日学校をとりまく子どもの問題状況は、いじめ、不登校、学級崩壊、引きこもり、非行、暴力などが相変わらず深刻な上に、心身の不調を訴える教師も増加しています。他方、幼児・児童虐待も深刻な状況が続いています。こうした問題の解決が緊急の課題となっており、そのため高度な専門家の養成や再教育が強く求められていると言えるでしょう。

しかし、そうした問題・病理も学校だけで解決することはできず、家庭、地域、行政などとの協働、社会や時代のマクロな視点からの解釈が必要です。また、少子高齢化、国際化、情報化が進行する中で、問題は子どもだけでなく、大人の間にも多くの「病人」、「弱者」、「敗者」が生まれ、あらゆる人びとに心身の病い、ストレスが蔓延しています。こうした問題に対して、教育や心理、福祉、医療・看護など対人援助職者への期待がますます高まっています。

このような臨床的諸問題の解釈と解決への社会的要請に応えるために、本大学院は夜間制・男女共学の独立研究科として、平成6年に修士課程が開設され、さらに平成9年には博士後期課程が認可され設置に至りました。

求める学生像(アドミッションポリシー)

【修士課程】

主として学校教員、福祉などの専門機関や施設、病院、企業、行政などで対人援助にかかわる専門職にあり、教育学、心理学、福祉学の各分野から、乳幼児から高齢者までの各ライフステージにおける、発達・適応援助に関する理論的・実践的・臨床的研究を志す者を求めます。実践現場からの視点だけでなく、総合的・学際的な専門知識と実践能力を身につけ、修了後も引き続き現場でその能力を発揮しようとする者を歓迎します。

【博士後期課程】

修士課程で培った専門的知識と実践能力をさらに高め、現場の経験を生かしながら、研究者として自立して研究活動を行おうとする者、または高度に専門的な業務に従事するに必要な学識と能力を有したいと希望するもので、優れた資質を持ち、学問に対する意欲にあふれた者を受け入れます。

教育課程の特色(カリキュラム・ポリシー)

【修士課程】

 主として社会人を対象とした専攻・課程であることから専ら夜間に開講しています。
 「教育学」「心理学」「福社学」の3関連分野からなる教育課程が編成されており、教員の専門に応じた特論、演習、実地研究および課題研究をセットで履修することになります。「臨床教育学総合演習」では、受講生の現場での問題に対して、3分野の教員がそれぞれの視点からスーパーバイズする、複合的な学習を試みています。
 必修科目の「実地研究」では、指導教授ごとに任意の臨床現場を見聞し、学生自らの経験と対照させながら議論することで、現場への理解をより深めることを目指します。また、主たる専門分野のみに偏ることがないよう、 他の分野の演習・講義科目についても履修することを求めています。
 幼稚園、小学校、中学校、高等学校、養護 の教員免許状(一種)を有する者が、必要な科目を履修し単位を取得すれば、当該教科にかかわる専修免許状を取得できます。
 1年生の前期に希望分野調査、論文テーマ、研究計画案などの提出に基づき、指導教授を決定します。指導教授は、課題研究 (必修科目)を担当し、研究課題の決定、研究計画の作成への指導助言を行い、修士学位請求論文の作成を指導します。
 以上のとおり本研究科・専攻の目的に即して、教育学、心理学、福祉学の領域に関する基礎的学習と実践的学習を徹底しています。
 修士学位請求論文においては、各自の問題意識を尊重し、適切な指導を行います。このため、論文提出年度には全体特研、中間発表会において、全教員による指導を行っています。
 また社会人を主たる対象としているため、夜間での開講に加え、標準修業年限を超えて履修することができる長期履修学生制度により、修学上の多様なニーズにも配慮しています。

【博士後期課程】

「臨床教育学」「教育学」「臨床心理学」の3分野からなる教育課程を編成しています。
「臨床教育学」は夜間に、「教育学」「臨床心理学」は昼間に開講する形態をとっています。
「臨床教育学」で開講される授業科目は、当該専攻の修士課程と密接なつながりをもっています。
いずれの分野においても、授業では、指導教授による専門性の高い学修が促されるようにしています。