こんな方が学んでいます

多様な立場の方がそれぞれの目的を持って共に学んでいます。

徳田瑞枝さん 看護師

自ら壁にぶつかった
現任教育の答えを求め、大学院へ

病院での現任教育を担当し、講義やOJTなどに取り組んできました。
ただ、スタッフが育っているという実感が持てず、このままの教育でいいのかという疑問が常にあり、解決糸口になればと入学を決めました。
研究では、看護師のワークライフバランスへの配慮と「看護の質低下」などに悩む中間管理者(現任教育担当者)が、現任教育に関してどのようなことを問題視し、工夫しているのかについて考察。また、現場で感じている苦悩や困難を抽出し、今後の現任教育に反映させたいと考えています。

徳田 瑞枝さん
看護師

木村一美さん 助産師

職業や年代の違う方々との
ディスカッションが大きな刺激に

看護学校の母性看護学の担当教員として学生と関わる中で、母性とは、親性とはということを自分なりにずっと考えてきました。
その答えを教育・心理・福祉という幅広い分野から学びたいと考え、本大学院に入学しました。
ディスカッション形式の授業も多く、年代も職業も違う様々な人の意見を聞くことで刺激を受け、発想の転換などにも役立っています。
研究では、母性看護学を受講した学生に「親性」の芽生えや気づきについてインタビューしそのきっかけとなった事柄について分析することを考えています。

木村 一美さん
助産師

難波純子さん 保育士

日常生活の出来事に、
科学的根拠のある意味付け・色付けをできる喜び

障害児通所施設で療育の仕事をしていた際に、集団生活の場で子どもの気持ちに寄り添い適切な対応をしていくことに課題意識を持つようになったのが、大学院進学のきっかけです。
現在は保育士をしており、実践の裏付けとなる理論を大学院で学ぶことで、より良い保育実践につながるのではと期待しています。
大学院での学びには、深く問わずに過ごしてきたこれまでの日常生活の出来事に、科学的根拠のある意味付け・色付けをして、それが未来の社会に生かされるという喜びがあります。

難波 純子さん
保育士

村上佳奈さん 大学院生

社会人の方から聞くことができる
現場の実践の話もいい学びに

大学時代は、理系の学部に所属。研究活動や大学時代の学友会活動の経験では、仲間と支え合うという人間関係の大切さを学びました。
その経験から「もう一度、教育学を中心に心学・福祉学の観点からも人間関係について学び直したい」と考え大学院へ。 授業などで社会人方々から教育や看護、福祉など様々な職場の実践を聞くことができ、現場の具体的な出来事をイメージしながら学ばせてもらっています。
また、教育・心理・福祉の3つの観点から勉強することができるのも魅力です。

村上 佳奈さん
大学院生

修士1年生 藤巻のり子さん 保育士

保育者の育成
と働き続けるための環境づくりのために

今までの保育現場での実践を理論化したいと思い大学院に進学しました。
納得できる理由があって保育してきたことを言語化して、保育者に伝えたいと思いました。保育者の課題は、次世代の育成や世代間のギャップにあると考えます。
次世代を育成することで職場の人間関係が円滑になり、働きやすい環境を作ることができます。そのことが子どもにとってのより良い環境につながります。
保育者の育成と働き続けられる環境づくりのために何が必要かを研究しています。仕事との両立は体力的にも精神的にも厳しいこともありますが、他職種のみなさんに励まされ、学び合いを楽しんでいます。

藤巻 のり子さん
保育士

修士1年生 中谷 香さん 看護教員

看護教員として指導や教育のあり方
を考える機会を求めて

看護教員として経験年数を重ねるなかで、自分の指導や教育のあり方、学生とのかかわり方について考えることが多くなりました。
この大学院を修了した友人の勧めもあり、もう一度学んでみようと進学を決意しました。
仕事や家庭など忙しいですが、思い切ってチャレンジすると案外どうにかなって、大学院生活を楽しんでいます。
少人数の授業は、先生方が近い存在に感じられ、様々な気づきがあります。ここに来なければ出会うことのない年齢や職種の違う同期の皆さんとの話は楽しく、その仲間と一緒に学ぶことで毎日が充実しています。

中谷 香さん
看護教員